自転車の鍵は自分で開ける方法もあり

自転車に取り付けている鍵が、馬蹄錠であれば自分で開けることができます。素人でもできる鍵開け方法を説明します。万が一のときに備えて知っておくと良いでしょう。

鍵の開け方

馬蹄錠の場合
自転車の鍵紛失時に、鍵屋か自転車屋に自転車を持って行きたくても持って行けない場合は、自力で鍵開けにトライするかと思います。自転車の一般的な馬蹄錠であれば、「傘鍵」と呼ばれるものを使えば鍵開けが可能です。これはビニール傘などの傘を開くために押す部分の金属を取り出したもので、馬蹄錠に差し込んで鍵開けができます。
ワイヤーロックの場合
直径1センチ程のワイヤーロックであれば、「ワイヤーカッター」で切断することが可能です。このワイヤーカッターはホームセンターなどで購入できます。鍵は経年劣化で施解錠がしにくくなることがあるので、一家に1台ワイヤーカッターがあれば、鍵が折れたり曲がったりしたときも直ぐに対処できるでしょう。

トラブルになることもある

馬蹄錠やワイヤーカッターを使った鍵開けは、周りから見れば自転車泥棒に見えてしまうでしょう。自分の自転車だと証明できるものを用意しておくと良いです。トラブルを避けるために、なるべく自宅で行なった方が安心ですが、自転車を持ち帰るのが大変な場合はやはり業者を呼んだ方がスムーズかと思います。

警察に頼むのもアリ

自転車置き場の近くに警察署があれば、警察でも対処してくれます。一般的な馬蹄錠やワイヤー錠であれば、壊すことで鍵開けをしてくれます。しかし、太いワイヤー錠やブロックタイプであれば鍵開けが難しいため、業者に依頼が必要でしょう。

まとめ

自転車の鍵は自力で開けることも可能ですが、確実に綺麗に鍵開けを行ないたい場合はプロに依頼すると良いです。鍵開けの料金や作業時間は業者によって異なるため、電話で相談する際にしっかり確認するようにしましょう。

TOPボタン