自転車の鍵を失くさないための対策

自転車の鍵を失くさないようにするためにも、対策をしておいた方が良いです。ここでは、鍵を失くさないための対策方法を紹介します。鍵開けをする機会が多い人は特に活用すると良いでしょう。

これで鍵を失くさない

自転車の鍵の紛失防止におすすめのグッズはありますか?
GPS機能を持ったキーホルダーがあります。自転車などの鍵に取り付けて、スマホのアプリとペアリングすれば、鍵がどこにあるかを地図で突き止められます。アプリを操作してキーホルダーから音を出すことも可能なので、鍵を紛失しやすい人におすすめです。キーホルダーを取り付けた鍵がスマホから一定以上離れた際に、自動で音を鳴らす設定もできるためかなり便利かと思います。30メートル以上離れていても他のユーザーのキーホルダーを中継して、ブルートゥース機能で位置を突き止められるので安心です。

みんながやっている紛失対策

ベルトに下げない(20代後半/男性)

ベルトに鍵を下げる人が結構いるかと思いますが、自分はパンツのポケットやシャツの胸ポケットに入れるようにしています。ベルトだと掛けたつもりで落としてしまうことも考えられるからです。ポケットであれば存在感があるので、しっかり入れたと実感できますよ。ジャケットなどの上着のポケットは、他の人が間違ってもっていったり風で飛ばされたりする恐れもあるので、向いていないのです。

小分けにしない(30代前半/女性)

基本的に1つのキーホルダーに必要な鍵だけをスッキリまとめています。大切な鍵やよく使う鍵は小分けにした方が使いやすくて安全と思いがちですが、それは間違いなんです。以前この方法でよく紛失して業者に鍵開けを依頼していたので、今はやっていません。1つにまとめると、必要な鍵がちゃんとあるかその都度確認できるので安心です。

TOPボタン